• 福岡市
    認可保育園

    キッズキッズ松香台保育園

  • 北九州市認可
    小規模保育事業所

    キッズキッズ折尾保育園

ブログblog

Lupinasu ブログ

Categoryカテゴリー

アーカイブ

Archives月別記事一覧

2019年

2019.07.02

子どもの成長

絵本を楽しむ3ステップ

キッズ・キッズ折尾保育園 園長の山本です。

 

私は、もともと大学や研究所で心理学の研究職を10年以上していましたが、子どもが生まれて子育て支援の講師や書籍の執筆の仕事をその後の10年していました。

 

そして、今年から新設のキッズ・キッズ折尾保育園の園長として就任しました。

 

心理学の立場から、保育園で当たり前にしている子どもが成長するための援助を園児の家族の皆さんにも分かりやすく解説します。

 

漫画家で、保育士としてキッズ・キッズ折尾保育園に入ってくれている ながさわゆみこ先生が分かりやすいマンガにしてくれました。

 

絵本を楽しむ3ステップ

保育園では毎月絵本を持って帰っています。私も我が子が通っていた保育園や、幼稚園からが毎月絵本を持って帰ることを、当たり前だとあまり気にしていませんでした。

 

今、保育園を運営する側にまわってみると、絵本に親しむことは、小学校で教科書を読むことにつながり、そして将来的に本を読み、たくさんの知識に触れる準備となる、重要なリテラシー教育の第一歩だったのです。

 

これを当たり前のようにしてくれている保育園はすごいものだと感動しました。

 

 では、子どもたちは絵本をどのように楽しんでいくのでしょうか。いきなり、絵本を大人のように読むことは難しいものです。保育園では、成長に合わせてゆっくりと絵本に親しんでいきます。

 

今回は、ご家庭でもできる、絵本の楽しみ方を3つのステップに分けて紹介しましょう。

 

ステップ1 絵本をおもちゃとして楽しむ段階

絵本を渡すと、最初からおりこうさんに文字をジッと見てほしいものですが、なかなかそうはいきません。「うちの子は絵本が分かっていなくて、大丈夫なのでしょうか」と心配される親御さんもいらっしゃいましたが、それは当たり前ですので、心配いりません。

 

 初めての絵本に接した赤ちゃんは絵本をおもちゃの一つとして楽しみます。それをゆるしてあげてください。この時期は、破れにくい、厚紙の絵本がいいですね。

ステップ2 絵本の絵を楽しむ段階

そのうち絵本がただのおもちゃではなく、きれいな絵に意味があることが分かってきます。

 

親がきちんと読み聞かせをすることはまだ難しいですが、子どもは絵本に描かれた絵をまずは楽しみます。

 

この時期は、一ページに 1 ~ 2 行程度の言葉の短い絵本がちょうどいいかもしれません。

 

絵をきっかけに言葉やもののやり取りを楽しむことも楽しいです。

 

絵本の楽しさを知ってもらうことが目的ですので、飽きる前に終わっても問題ありません。

ステップ3 絵本を読む準備段階

1ページずつ、お話を読んで、絵本を楽しみます。いきなりすべてのページを読み聞かせるのは難しいかもしれません。楽しむことが一番の目的なので、最後まで聞かせることにこだわらないで、お子さんが飽きたらやめてもらっても大丈夫ですよ。

キッズ・キッズ折尾保育園では、0-2歳のお子さんの保育をしています。2歳児さんでは、絵本をしっかりと読むまではまだ時間がかかります。好きなページの好きな絵をみるだけでも楽しいです。

 

絵本から、本や世界の楽しさを知る、第一歩になりますように。

焦らずゆっくり、親子で楽しみましょう。

 

マンガ・イラスト ながさわゆみこ

PAGETOP